【フィリピン】最後の秘境エルニドへの行き方と楽しみ方

こんにちは。ハリコパパ(@imwaterloo)です。

7,000以上の島々から成り立つ国、フィリピン。セブ島はリゾート地として日本人に有名ですが、ボラカイ島やボホール島、パラワン島など日本人にはあまり馴染みのないビーチが綺麗な島がまだまだたくさんあります。

今回はフィリピン最後の秘境と呼ばれている、パラワン島のエルニドをご紹介します。

エルニドとは

エルニドは、フィリピン南西部、南シナ海に浮かぶパラワン諸島北端に位置し、海洋保護区にも指定されています。現地の言葉で「海燕の巣」という意味。

引用:wikipedia

バックパッカーや世界中のセレブに人気のリゾート地エルニド。その理由は、エメラルドグリーンの美しい海と、ビーチのすぐ後ろにそびえ立つ独特な岩壁。バックパッカー向きの安い宿や、一泊10万円以上する超高級リゾートホテルまで、様々なニーズに答えてくれる万能な旅行先です。

エルニドは映画「ボーン・レガシー」の撮影にも使用されました。※マニラの街中も多く登場するので、マニラ好きにはオススメの映画です。フィリピンを象徴する乗り物ジプニーのカーチェイスも必見♪

エルニドへの行き方

日本からエルニドへの直行便はないので、まずはマニラかセブヘ飛行機で行きます。

フィリピンに入国後に、エルニドのあるパラワン島へ国内線で移動します。

エルニドのあるパラワン島には空港が2つあります。

  • マニラ/セブ〜プエルトプリンセサ空港 – PAL, Ceb Pacific, AirAsia
  • マニラ/セブ〜エルニド・リオ空港 – Airswift航空のみ

ワタシは上記、両空港からエルニドへ行ったことがるのですが、間違いなくエルニド・リオ空港直行便をお勧めします。。!!

なぜならプエルトプリンセサ空港からエルニドまでは、片道6時間の車移動が必要だから!!

ただでさえ運転の荒いフィリピン人ドライバーに加え、整備されていない田舎のガタガタ道を6時間も移動。見える景色は牛と山のみ。。。。。

icon
ハリコ

ヴァケーションでゆっくり疲れをとって癒されたいの〜

なんて方もエルニドに到着する前にグッタリしてしまいます。。。

マニラからプエルトピリンセサ空港へはAirAsiaで移動した時は、往復5,500ペソでした。エルニドまでの車の移動でかかった費用は往復約2,000ペソ。

マニラからエルニド・リオ空港、Airswift直行便は約13,000ペソなので差額は4500ペソ。移動時間12時間と心地悪い車酔い必至の旅に払う分だけの価値が4500ペソにあるかどうかは、ご自身でご判断くださいませ。

エルニド直行便のAirSWIFTがプロペラ機

プライベートジェット機感が満載なAirSWIFTの機体。機内の重量バランス調整のため、予約していた席から随分後ろに移動させられてしまいました。乗客の体重に頼るバランス調整ってちょっと怖い。。。

1時間の飛行時間のため機内食はなく、ペットボトルのお水がリクエストするともらえます。

機内の窓側からエルニドの島々が眺めることができ、機内アナウンスではキャビンアテンダントが、バスガイド並みに「左側に見えますのが〜、」と説明してくれます。笑

エルニド・リオ空港からの移動

エルニド・リオ空港からの移動は、宿泊先のホテルからの送迎を頼みましょう。空港を出たところにお迎えが来ます。

プエルトプリンセサ経由の場合は、ホテル指定のピックアップ地へ向かう必要があります。私が宿泊したラゲンアイランドはエルニド・リオ空港近くにある専用のラウンジ。簡単な軽食やドリンクがあります。

日本人にも人気のエルニドリゾーツは、サービスも充実しているので宿泊地としてオススメ。

エルニドリゾーツ公式

ボートにてリゾートのある島へ移動。

エルニドのリゾートに到着するとこんなお迎えがあります。

エルニドのオススメスポット

シークレットラグーン

狭い洞窟を抜けると四方を岩壁に囲まれたシークレットラグーン。外観からはこんなプライベートな空間があるなんて想像できないので、洞窟を抜けた時の感動の瞬間は是非体験してもらいたいです!

シークレットラグーンの入り口に小さなクラゲがいました。注意!

ビックラグーン

エルニドで一番有名なスポット・ビッグラグーン。エルニドを訪れた多くの観光客が必ず立ち寄るスポットです。THEエルニドの写真が撮られるので1番のおすすめです。ボートでビッグラグーンのエリアまで行って、そのあとはカヤックで移動します。


 

スネークアイランド

蛇のように細長く続く砂浜が島と島をつなぎ、そのサンドバーの上を歩くことのできるスネークアイランド。

さて白い砂浜、青い空、美しい海の1番の友はなんでしょう。。。

icon
ハリコパパ

そう、ビール!

スネークアイランドではビーチのど真ん中に売店があり、キンキンに冷えたビールが購入できます。フィリピンで人気のサンミゲルビールがビーチの写真に映える♪

シュノーケリング

エルニドはシュノーケリングもおすすめです。海水の透明度が高く、天気が良ければサンゴ礁や魚たちを眺めながら一緒に泳げます。

おまけ*エルニドの動物たち

野生のオオトカゲや、見たことないようなカラフルな鳥など、動物園のような楽しみにも遭遇できる最後の秘境エルニド。

アクティビティが多いので、体力に自信のある方はカヤックやラグーン巡りをするもよし、ビーチでゆっくり読書、リゾートのプールでカクテルを楽しむなんて優雅な時間も過ごせます。

滞在中に泊まった宿泊施設・マティンロックリゾートは次回ご紹介しますね。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。 このブログを「いいな」と感じていただけましたら、 下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^ ブログランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ

PVランキング