【GOGOダンサー】マニラのホストクラブ・ゲイバー5選

※12/1 新規ホストバー Club690追加。

こんにちは。ハリコパパ(@imwaterloo)です。

今回はマニラのダークなスポット、GOGOマッチョダンサーがいるゲイバーをご紹介。ゲイバーといってもホストクラブのような感じで、男の子を指名して一緒にお酒を飲んでお話しする場所で、お客さん同士の出会いの場では無いのでご注意。

女友達がフィリピンに遊びにきた時に、よく連れて行くお店なので、女性にもおすすめですよ。

White Bird

オススメ度☆☆☆☆

White Bird

マニラで一番有名であろう、ホストクラブ・ゲイバーのWhite Bird。ボーイは他のお店と比べると全体的に若くて20代前半の子が多く、みんな初々しいです。若い男の子が好きな人にはホワイトバードがおすすめ。

ボーイたちのビキニダンスショー、ベテラン勢のストリップショー、ニューハーフショーやHIPHOPダンスなど様々です。ショーのたびにチップをせびられるので、50ペソ・100ペソを多めに用意しましょう。

店内は狭く、縦長のステージにソファーがあり、一人客も多いためか小さめのテーブルもいくつか用意されています。入場料は300ペソくらいでビール2本込みのお値段。ボーイの指名料はかからず、飲み物代を支払うシステムで1杯500ペソ。

満席だったので端っこで席が空くのを待っています。。

夜中の1時くらいからストリップショーなども始まり盛り上がりますが、土曜日の1時過ぎに行った時は満席だったので、良い席をゲットしたい方は混み始める12時前に行った方が良いかも。。。

100ペソのチップでベテランストリップダンサーのアナコンダをオニギリできます。3時位にもストリップショーがありました。

ワタシが指名した子は、こんな綺麗な腹筋を持つボーイくん❤

お友達が指名したボーイは、紙ナプキンでバラを作成。かわいい。笑

icon
ハリコ

写真禁止なので、ボーイかお店の人に聞いてから撮ってくださいね。

入り口のところにオリジナルのロゴWBの刺繍が入った、下着やポロシャツも販売しているので、ネタやお土産に良いかも。笑

個人的には一番好きなお店。

スポンサーリンク

テキーラネットワーク エクストリームシアター

One 690 Entertainment Bar

オススメ度☆☆☆☆

One 690 Entertainment bar

今回紹介する中のホストバーでは一番新しいお店の「One 690 Entertainment bar」

店内の客席数は多くはなく店自体も広くはないのですが、ステージ面積が広く贅沢に設置されています。特大モニターがステージ正面に大きく構え、イベントに合わせた内装デコレーションも凝っていて全体的にショーを意識した作りとなっています。店内も明るく若いボーイたちの綺麗な肌がしっかりと拝めます♪

 

 

View this post on Instagram

 

Jimmy Dela Cruz Dionisioさん(@jimmydionisio)がシェアした投稿

料金システムは

入場料込みで飲み物2杯390ペソくらい(酔っ払って覚えてません。。)ボーイの飲み物は790ペソで2杯。2杯ごとのオーダーになります。それぞれのボーイに肩書きがあり、

The Best dancing boy 2016
The best of One 690 2015

など「いつまで過去の栄光背負ってるんだよ!」という昔の称号を持っているボーイもいて、ステージでダンス中に後ろのモニターにデカデカと表示されます。

そこもショーを楽しむ一つとなりました。

 

View this post on Instagram

 

Bembem Espantoさん(@tebem_bemodels)がシェアした投稿

 

Solution

オススメ度☆☆

場末感がハンパ無いSolution Super Disco。店の中も外もフィリピンのローカルの汚い場所をイメージしていただければガッカリしないで済みます。マニラに何度か来たことがある玄人向けです。最後に行ったのが半年以上前で、google mapで閉鎖となっているので、営業状態未確認。(11/8に営業確認)

こちらの入場料はLGBTと女性は60ペソで、ノンケは120ペソとノンケには辛い料金設定。2本飲み物オーダーが必須となります。ビール1本120ペソ。

White Birdと同じシステムで、指名料はかからず、ボーイの飲み物代が350ペソ。全体的にホワイトバードよりも値段は安め。

ボーイは20代後半から30代が中心で、ホワイトバードからの渡り鳥が多い模様。※ホワイトバードはマネージャーが厳しすぎるから、ゆるーいフィリピン男子は、場末のソルーションに落ち着くのでしょう。

店内は広く暗いので、客同士のプライバシーはこちらの方が守られています。ベテランボーイが多いので、トークや接客レベルが高い!いい英語の勉強になるかも。

なぜかこのお店、ロン毛の刺青ボーイが多くて、

icon
ハリコパパ

オーナーの好みなのかしら?

と疑問がありますが、フィリピンのマダムたちが指名しているところを見ると、それなりに需要があるようです。

こちらもストリップショーやニューハーフショーがあるお店なので、お楽しみください。

スポンサーリンク

Club Mankind/Adonis

オススメ度☆☆☆

Club Mankind/Adonis

今回の5選の中で一番綺麗なホスト・ゲイバーのClub Mankind/Adonis。

もともと別だった、MankindとAdonisの2つのホストバーが連名でこちらの場所に引っ越ししてます。公式facebook上にいくつか動画がアップしていて、お店の雰囲気もわかりやすいのでマニラのホスト・ゲイバー初心者に一番おすすめです!

入場料金は酔っ払っていて覚えてないのですが、ボーイのドリンク代は900ペソで50分だった記憶。他のお店のバカなボーイだと、飲み物15分で飲み干したりするので、時間で決まっている方が明瞭会計かも。

ストリップショーはなかったですが、20代の慣れている感じのボーイが多数所属。

King of Night

オススメ度☆☆

歌舞伎町の雰囲気漂うホストバー。店内中央にダンスステージがあり、それを囲む形で周りにソファーがいくつもあります。メインのショーはボーイたちのダンス。

客層のほとんどが、KTV(キャバクラ)で働くフィリピン人の女の子たち。日本のホストクラブとキャバクラの相関関係と全く同じ。。。おじ様たちがつぎ込んだキャバ嬢のお給料がホストの男たちに使われていく。。公認なのか、同伴でパトロンを連れてきている女の子たちもよく見かけます。

ゲイにはあまりお勧めできませんが、ボーイたちがよく訓練されていてお姫様気分が味わえるので、女性客はこのお店が一番楽しめそう。入場料は100ペソでテーブルチャージ1時間200ペソ。ボーイのドリンクは別料金となります。(ドリンクメニューによって価格違います)

どこも日本と比べると激安なので、4〜5000円もあれば十分遊べるのでは。以上マニラのホストクラブ・ゲイバーでした。

スポンサーリンク
CLUB CK DOWNLOADHUNK CHANNEL -ゲイ体育会系マッチョ動画サイト-

マニラのゲイスポット情報はこちらにも書いております。↓


最後まで読んでいただきありがとうございます。 このブログを「いいな」と感じていただけましたら、 下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^ ブログランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ

PVランキング