【台湾格安旅行】桃園空港深夜着の過ごし方&早朝の台北市内観光

こんにちは。ハリコパパ(@imwaterloo)です。

LCCの台湾行きが増えて台北の桃園国際空港に深夜便や早朝便で到着する方も多いと思います。私がいつも利用する便も深夜着なので、オススメの台北での深夜&早朝の過ごし方をご紹介。

桃園空港内で寝る場所を確保する

観光で来ているなら日中は、できる限り有効に使いたいですよね。深夜着だとしても同じで、睡眠はしっかり取りたいところ。ただホテルを取るにはもったいないと思ってしまうワタシ。。。日中眠くて全然活動できなかったなんてなると、せっかくケチったホテル代もムダになるので、寝る場所を確保しましょう。

桃園国際空港の到着フロアのソファで寝る

空港で朝まで寝てしまおうという作戦。もちろん無料。ここの空港結構寝て過ごしている人多いんです。ベンチやサブウェイなどがあるフードコートエリアには、ソファもあるのでそちらが空いていれば早速確保。空港の荷物受け取りエリアを出て左手側にあります。

こちらのフードコートは、充電ができるように電源差込口がいくつかあるので、そこで寝ると充電もできて便利です。スーツケースは取られないように足を置いたりキーチェーンを付けたりしましょうね。

スポンサーリンク

始発で台北市内へ移動

空港泊の場合は、始発で市内に移動。空港から市内はバスが楽なので、バスで移動しました。

高速バス

泊まるホテルまで、まずは移動しましょう。チェックインまではまだ早いので、ホテルへ行って先に荷物を預ける作戦!地下一階部分がバスターミナルなので、移動してバスチケットを購入しましょう。

ワタシが購入したのは、シャングリ・ラ ホテルまで直通のバス1960番。片道145TWDでした。

「ホテルの近くまでのバスがない!!」という方や「ホテルに荷物を預けなくても良い」な方は、台北メインステーション・台北車站(台北駅)までのバスがあるので、それに乗ってタクシーまたは、電車で移動が良いです。

台北で人気の朝食・阜杭豆漿を味わう

台北で観光客や現地の人に大人気の朝食・阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)へ行きましょう。

阜杭豆漿 – Fu Hang Soy Milk

こちらのお店は、駅から歩いてすぐなのでMRT電車で移動。善導寺駅を目指しましょう。並ぶのは絶対なので時間に余裕を持って、私の場合は7:30に到着して20分待ちでした。帰る頃には行列が長くなっていたので、朝早めが良さそうです。

朝食のために並んでます。。。。

店内はこんな感じ。朝8時ごろですが、かなり店内は混んでいます。

調理風景も覗けて並んでいる時も飽きない演出。

鹹豆漿(おぼろどうふ風豆乳)$35
一番人気のメニュー。ダシが効いています。パクチー欲しかったのに乗ってなかった(泣)セルフサービスなのかな。。

上から 薄蛋夾油條 – 卵焼き&揚げパン入りサンド $60
焦糖甜餅 – キャラメルパイ$25 

揚げパンをパンで挟む発想は、なかなか思いつかない。。。下はキャラメル味の菓子パン。これが一番美味しかったw

熱豆漿 $30
あったかい豆乳。甘めです。10月下旬の台湾の朝は結構寒かったので温まりました。。

4点で$150。安い。。。こんなに安いと、ホテルの朝食を1500円とか2000円つけて頼むのがもったいない。。

龍山寺で参拝しよう

阜杭豆漿で朝食をとった後、電車で龍山寺駅へ向かいましょう。乗り換えなしで行けるのでオススメの観光コースです!こちらも駅からすぐに龍山寺があるので迷わずに行けます。

龍山寺 – Lungshan Temple


駅を降りたらすぐ目の前に!

入り口のところでお線香が一本タダでもらえるのでそれをもらって参拝。参拝ルールは、三度礼をして自分の名前・住所・生年月日を神様にお伝えするそうです。日本とちょっと違うルールですね。分からなかったら周りをチェックして真似しましょう。笑

お守りを大量に買いました。それぞれに勉強・縁結び・幸運・健康・平安無事などたくさんの種類があります。デザインも可愛いものが多いので、デザインから選んでもアリかも。

剥皮寮歴史街区でインスタ映えのセルフィー撮影

龍山寺から徒歩5分くらいのところに剥皮寮歴史街区と言う素敵な赤レンガの建物があります。こちらも人気観光スポットなので龍山寺とセットで観光してみてください。朝の時間だとあまり人もいないので、セルフィー好きな人とか自撮りでインスタ映えしそう❤

剥皮寮歴史街区 – Bopiliao Ancient Street

台湾では珍しい洋風なレンガ造りの建物が並ぶエリア。龍山寺を見物した後だと、より一層異世界に紛れ込んだような雰囲気になります。オススメ!

以上、早朝の台北観光コースでした。

他の台北の記事もよかったらどうぞ↓


最後まで読んでいただきありがとうございます。 このブログを「いいな」と感じていただけましたら、 下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^ ブログランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ

PVランキング