【okada manila】オカダマニラのVIPルームを潜入取材!

こんにちは。ハリコパパ(@imwaterloo)です。

マニラのカジノ「オカダマニラ」がオープンして1年が経ち、内装工事もだいたい終わってきて、カジノとして安定してきましたが、今日はオカダマニラのVIPルームを潜入取材します。カジノのVIPルームなんて金持ちしか入れないのでは?というアナタ。実は、オカダマニラのVIPルームは誰でも入れちゃいますよ♪

オカダマニラとは

オカダマニラに関しての記事は、コチラをご覧ください。

オカダマニラのVIPルーム

ワタシの勝手なカジノのVIPルームのイメージは、VIPルームの重厚な扉の前には、超マッチョなサングラスを掛けたスーツガードマンが構えていて、扉の奥には明らかに一般カジノエリアと違うリッチな客層と豪華絢爛な内装がお出迎え。ミニマムベットも一般人の平均月給くらいの額からスタート!富裕層でも限られた成功者たちだけが入室を許された、まさしくカジノ側のVery Important Personたちに特別に用意された空間という印象でしたが、オカダマニラのVIPルームは、入り口も何もチェックがなく、誰でもサッサーと入れてしまいます。キッタナイ格好したおっさんも普通にプレイしているので、VIPルームの意味が完全に薄れています。

icon
ハリコ

まぁそのおかげで、ハリコパパみたいな一般市民でも入室できるのでしょ。

なんてハリコが言いそうですが。。

ちなみにオカダマニラのVIPルームの名称は「オカダクラブ」というので、覚えておきましょう。場所がわからない場合にカジノエリア上部にある道案内にて「オカダクラブ↑」の方向へ進めばたどり着けます。

入り口はこんな感じ。

ゲームの種類

有名所は大体揃っています。

  • スロット
  • ブラックジャック
  • クラップス
  • テキサスポーカー
  • ルーレット
  • バカラ

フィリピンペソだけではなくて、香港ドルでも賭けられるのがオカダクラブの特徴。ブラックジャックはミニマムが1000ペソなので、そこまで敷居は高くありません。

トイレも豪華

トイレもメチャクチャ豪華で高級ホテルクオリティです!8時間とか長時間カジノに滞在していると口内環境が気になりますが、オカダクラブのトイレにはマウスウォッシュと歯ブラシが用意されています。ホテルの共有トイレよりもすごいじゃん!w

トイレ前にはマッサージチェアが設置されていて、長時間のカジノで疲れた身体に優しく癒やしを与えてくれます。※誰か近くでスロットを遊んでいると、ピロピロうるさくて休まりませんが。。

スポンサーリンク

コンプとは

さて、ケチな私が大好きな言葉「コンプリメンタリー/complimentary」ですが、日本語の意味は「無料の」です。カジノ用語では「コンプ」と略されていて、wikiさんによると、

コンプ

一般的にカジノでは、顧客(パトロンpatron)を囲い込む目的から、カジノで遊んだ金額や滞留時間に応じて、カジノでの飲食代や併設のホテルの宿泊費等を無料にする、もしくは割り引く、あるいはホテルの部屋のランクを無料でアップグレードするといったサービスを行っているところが多く、これを通称「コンプ」(complimentaryの略と言われる)と呼ぶ。豊富なカジノ資金を持つ客(ハイローラーHigh Roller)に対しては、来場に要する渡航費を全てカジノ側が負担するといったケースもある。また、入手が難しいホテル内のショーを予約なしで見られたり、VIP客専用の窓口により並ばずにチェックイン・チェックアウトや換金などの各種手続きができる、といったサービスもコンプに含まれる。

かつてコンプは、あらかじめ多額のゲーム資金をカジノホテルに預けたり、スロットマシンで高額のジャックポットを射止めた客などに与えられていたが、近年は、ラスベガスなどにおいては客のカジノへのロイヤルティ(loyalty)を上げるために、ポイントサービスによるコンプを提供するカジノが増えている。この場合、会員カードを提示させたり、スロットマシンではカードリーダーに挿入させることで、賭け金の累計やカジノに滞留していた時間など遊んだ履歴を記録し、これによって客を評価して、付与するコンプを半自動的に決定する。付与されるコンプは、ギャンブルでの勝ち負けは関係なく、あくまでいくら賭けて何時間遊んだかが評価される。また、評価のポイントとは別に、カジノホテル内で現金同様に利用できるポイントも付加され、客側はそのポイントの範囲内でコンプの内容を自分で選ぶことができる。

オカダマニラもたくさんのコンプを用意していて、アルコールを含む飲み物はもちろん無料ですが、プレイでたまったポイントで食事代などもまかなえてしまいます。また、プレイポイントに応じて必ずもらえるPS4や大型テレビなどのコンプ、また抽選式ではバイクや高級車なども用意され、マニラにある他のカジノと比べると圧倒的に豪華なコンプ内容となっています。

これだけでも十分すぎるコンプなのですが、VIPルームではさらにグレードアップ。通常カジノエリアではオーダーできない、以下のものが全てコンプに含まれます。

  • フレッシュマンゴージュース
  • フレッシュパイナップルジュース
  • アサヒビール
  • サッポロビール
  • ジャックダニエル・ブラックレーベル
  • ペリエ  スパークリングウォーター
  • シュウマイ
  • 肉まん
  • ミニバーガー
  • フレンチフライ
  • 本日のスープ
  • ミックスナッツ
  • チョコレート
  • ミニケーキ

※2018年1月11日時点調査。変更の可能性があります。

豪華過ぎませんか。。。。?全部無料!!!!

私のお気に入りは、ペリエとブラックレーベルのロックを注文して、贅沢ハイボールを自分で作って楽しんでいます。そしてこんなにコンプのメニューを熟知しているワタシ、卑しい。。

何故かハイローラーと対決したハリコパパ

VIPルームの外の話ですが、オカダマニラではテーブルゲームの一番低い掛け金が300ペソ(約670円)になっています。一人でブラックジャックをちまちま楽しんでいたら、紙袋をメインバックとしているラフな格好の男性が、同じテーブル参入してきました。かなり横柄な態度でディーラーとやり取りしていて「なんか嫌だな。。」と思ったら、その男、テーブルで設定されているMAX掛け金の20倍近くの金額(100,000ペソ・約23万円)を投入。

「おいおい、ここのテーブルのMAXは6,000だぜ。。」

と思ったら裏からマネージャーが出てきて、100,000ペソの掛け金でゲームがスタート。

その後も紙袋から札束を取り出し、大量に賭けてブラックジャックをしている男。。ブラックジャックはある意味チーム戦でもあるので、私にまでプレッシャーが。。結果、彼は随分負けてその場を去りました。。。。なんか、ごめん。

マネージャーに聞いた所どうやら彼は、オカダマニラのハイローラー(VIP)らしく、彼にはどのテーブルでも掛け金の上限などは存在しないようです。すご。。そしてなぜそいつに勝負挑まれた!?

「VIPルームかハイレートのエリアでやればいいのに」と言ったらマネージャーは

icon
ハリコマネージャー

あの人、カジノの一般エリアで賭けるのが好きみたいなのよ。。VIPルームとか行ったこと無いんじゃないかしら。笑

「なんでまた、一番掛け金の低いテーブルでやるかな。。」と思ったワタシ。一般市民たち(ハリコパパ)に圧倒的な資金力を見せつけて、自慢しているような気がして嫌な気分になりましたが、彼のお陰でオカダマニラは豪華なコンプが用意できているんだわと思うと、彼にも感謝しなくてはいけませんね。。

さぁ今週末も行ってこよう♪

オカダマニラ内にある最新ナイトクラブ「cove manila」の記事も合わせてどうぞ↓

マニラに新しいクラブ誕生!Cove Manilaがオープン

中もご紹介↓

【cove manila】マニラの最新クラブがとんでもなく豪華だった


最後まで読んでいただきありがとうございます。 このブログを「いいな」と感じていただけましたら、 下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^ ブログランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ

PVランキング