【旅行トラブル】台湾旅行でパスポートを紛失して強制送還!?

こんにちは。ハリコパパ(@imwaterloo)です。

今日は台北の桃園空港で強制送還になりそうだったお話をします。

もし万が一私と同じような目にあった方が居た時に参考にしていただければ幸いです。(絶対居ない。。)

マニラから台北の激安LCCフライト

今回も激安フライトのAirasiaを利用しました。
フライトスケジュールはこちら

出発日出発地出発時刻到着時刻
金曜日Manila11:15PM1:20AM
月曜日Taipei1:35AM3:45AM

運賃は往復5,760ペソ(約12,721円)と激安です。
深夜便なので週末の弾丸ツアーにもぴったり♪
フライト時間も2時間!

飛行機内でパスポートを紛失した

飛行機に乗っていてパスポートがどこにもないなんて不思議があるんでしょうか。。
あるんですね。ワタシの場合。。。
飛行機が着陸してから鞄の中のパスポートを取り出そうとしたら、無い。。。

国際線飛行機ってパスポート見せてから乗るから絶対機内にあるはずだよなと思って座席のポケットや床も探したんですが全く見つからない。。
とりあえず、飛行機から出てスーツケースの中も全部探したのですが、どこにも無い。。
よくよく考えたら私が乗ってた飛行機はAirasia。搭乗時のパスポートチェックなんて行われていませんでした。。

考えられる可能性は、次の4つ。

  1. 機内にまだある
  2. 機内で寝てしまったので、パスポートを何者かに盗まれた。
  3. マニラ空港の税関を通った後にトイレに置いてきた。
  4. マニラ空港のラウンジに置いてきた

まずは1番の可能性があるので、キャビンアテンダントさんに座席周辺を探してもらいましたが無いよと言われ、更にその便はすぐマニラに引き返すフライトだったので私を残したまま行ってしまいました。。。

残るは3つ。
2番の場合は、もうどうしようもないです。

3番4番は、電話して確認して見る方法があります。

幸いにも桃園空港はwifiが自由に使えるので早速ネットでマニラの友達にヘルプ要請。
マニラ空港の落とし物預かりの部署とラウンジへ電話をかけてもらったのですが、
どちらもパスポートは預かっていないとのこと。。

まず、やらなきゃいけないこと

乗ってきた航空会社の従業員の人に相談

飛行機内でパスポートが見当たらない場合は、乗ってきた航空会社の従業員の人に相談しましょう。パスポートを持っていないような人間を運んできた場合は、航空会社のペナルティになるので必死で手助けしてくれます。
まず彼らがやってくれたことは以下です。

  • 入国管理局に説明をしてくれるいちばん大事な点です。必ずやってもらいましょう。
  • 現地台北の日本大使館に連絡
    台北には日本大使館がないため交流協会台北事務所になります。
  • ゆっくり休める場所を教えてくれる
    他の航空会社のラウンジでしたが、ここで寝れるよと裏技的に教えてくれました。
    Airasiaの台湾のキャビンアテンダントの方たち本当にフレンドリーで、
    こんなパスポートを旅先でなくすような、アホなオカマですがかなり心強かったです。
    ちなみにシャワー&タオルまで無料という太っ腹サービス。しかもシャンプーKiehls!!

現地の日本大使館(交流協会台北事務所)に連絡

緊急連絡先があって深夜にも関わらず電話に対応していただきました。
どうするべきか丁寧に教えて下さいます。

入国のための必要書類を準備

強制帰国の場合は戸籍抄本とパスポートのコピーが日本入国の際に必要となります。
お友達の勧めだと、ポリスレポートなど紛失した状況がわかるような証拠があるとなお良いとのこと。戸籍抄本は持ち歩いていないので日本にいる母親に説明をしてスタンバイしてもらいました。(写真でも良いとのことだったのですが要確認です。)

スポンサーリンク

強制送還の場合の移動費は自分持ち

AirasiaのようなLCC便だと納得ですが、ANA便でも知り合いが自腹で日本に戻っていました。

パスポートの再発行は最低1週間かかる

パスポートを紛失した場合は番号も変わりますし、労働ビザも再取得という形になります。
海外駐在員の方が旅先でパポートを紛失した場合、駐在の国には入国できないので一旦日本に戻らなければいけないです。国によっては現地大使館でパスポートを再発行してくれるところもあるようですが、今回の私のようなケースは、到着先の国に入国もできないので強制送還の選択肢しかないのですが。。。会社から大目玉喰らいます。。絶対無くしてはいけないもの、それはパスポート。。みんな知ってますよね。。

結果

台北に着いたのが夜中の1時で、強制送還の成田行きのフライトが昼の12時だったので、もう開き直って免税店やら食事をしながら、どうやって上司に謝ろうか考えてラウンジで寝てました。

10時頃にイケメンのAirasiaの空港職員が来て

「Sir, We have found your passport in Manila!」
と魔法の言葉をくれました!!
強制送還のタイムリミットの2時間前にパスポート発見という奇跡が起こり、
強制送還をナントカ逃れました。
どこにあったんじゃ!?と聞いたら「わからない~」と言ってたので絶対に機内の端っことかに落ちてたなと思いました。
※その後Airasiaのフライトが一日一便なので、パスポート受け取るまでに更に14時間待ったとさ。。

おしまい

この後コチラを楽しみました↓


最後まで読んでいただきありがとうございます。 このブログを「いいな」と感じていただけましたら、 下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^ ブログランキングに参加しています。 応援クリックよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ

PVランキング